UA-60524430-1
2015年05月12日

ユニゾンリーグ攻略日記

009.jpg

前回に続いてユニゾンリーグ
今回は有用だと思われる召喚を見ていきたいと思います



まず一番初めに
「無属性モンスター」
1418298480.jpg
モンスターの種類はなんでもいいです、ゴブリンでもスケルトンでも
できればステータスが高いジャバウォックやヘカトンケイルなどを装備しておくと、ステータスの底上げと、敵へのダメージが高いためいいかもしれません。


単体で出すのではなく、パーティーメンバーで出すことによって効果がある無属性ユニゾンアタック「クイックタイム」
001111.jpg
コストの回復速度が上がり、結果的に敵を早く殲滅できるため危険がへります。

まずはみんなでクイックタイムを出せるようにするといいでしょう





二番目に味方にステータス上昇のバフスキルをかけることができるモンスター
1420453710002.jpg

代表的なモンスターとしてヴァルキリーがいます
ヴァルキリーの能力はスキルレベル最大時、味方の全ステータスを40%上昇させるもの。
重ねてかけて、最大で80%まで上昇するので、クイックタイムの邪魔にならないように出すと、喜ばれる場合があります。
また、全体のHPを回復する能力もあるので緊急回復の手段としても有用。




期間限定で、現在は入手不可ですが、『炎戦姫ヴァルキリー』『湖戦姫ヴァルキリー』という亜種も存在します
916962e9.pngCD7IFECUsAAQ8H1.png

ステータスアップは変わらず全体40%アップなのですが、追加効果として炎の方は敵全体にダメージ
湖のほうは、全体の状態異常回復とHP回復とどちらも有用。





また効果は落ちますがクーフーリンというモンスターが攻撃、魔法攻撃30%をアップさせつつ、全体に一定時間ごとにHPの5%を回復させるスキルを持っていますのでこちらも有用です。
1422768362002.jpgunison-032.jpg

クーフーリンも期間限定で無属性の物が存在しますが、無属性ということはクイックタイムの発動に協力できるのでかなりいいモンスターと言えるかもしれません





次にステータスダウン系の召喚です
1426234669018.jpg

代表的な物にリリスがいます。
攻撃と同時に、相手のステータスと状態異常耐性を50%ダウンさせるというもの
かなり強力です。
ヴァルキリーと違い、敵を倒すと次に持ち越すことは当然できませんが、強敵戦ではかなりの力を発揮します。
また相手がこちらに向けてデバフやステータスダウンを放ってくることもありますので、そういう場合にも有効だと思います。

すべては把握していませんが、攻撃と同時にステータスダウンを引き起こすモンスターは多いと思いますので、色々使ってみることをお勧めします。


例としてマイナーなモンスターなのですが
ペトラドランというモンスターが居ます
1423805199002.jpg

無属性で攻撃しつつ相手の防御を20%ダウンさせるというものです
クイックタイムの発動の手助けをしつつ、敵にダメージを与え同時に物理防御20%ダウン
パーティープレイを意識する場合はこういうモンスターも有用かもしれません





次にイベントで入手可能なモンスター
fc2blog_2014122900162236f.jpg

イベントで入手できる召喚は、全てステータス的に一級品でステータスを上昇させるのにかなり有用なのですが、特筆すべき召喚としてアマテラスが居ます

効果は20秒と短いですが、全体へのダメージを最大で30%反射します
反射は寧ろおまけで、全体へのダメージを30%減らせるというところが大きいです。

効果が短いのでユニゾンアタックなどで時間を潰すのが少し持ったいないモンスターと言えるでしょう。
単体で使用していき、反射の効果を切らさないようにパーティーメンバー全体で回していくと、かなりの時間、ダメージ軽減の効果を発揮できます。
使いこなすと、高難易度クエストでかなりの助けになると思います。

光属性のモンスターなので上昇するステータスが魔法攻撃と物理防御ということで、ランサーは装備しにくいかもしれませんが、クエストによっては有効だと思うので一体持っておくことをお勧めします。


纏めとしては
・クイックタイムはコスト増加の恩恵があるため、結果的に火力が上昇して危険が減る
・バフ効果を持つ召喚はクイックタイムの邪魔にならなければ味方の助けになるので有用
・デバフ効果も同じく、敵によって使い分ければ弱体化の恩恵は大きく有用
・敵の攻撃が激しい場合は、アマテラスを順番に使う方が有用な場合もある



無属性モンスター、バフモンスター、デバフモンスター、アマテラス。
この辺りのモンスターを持っていたらクエストも楽にクリアできるかもしれません






では今日はこの辺りでしーゆー







ブログランキングというのに参加しています
よければぽちっと応援してもらえるとうれしいです!

人気ブログランキングへ

posted by ぱぴよん at 15:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月11日

ユニゾンリーグ攻略日記

001111.jpg

前回に続いてユニゾンリーグ、今回は魔法職での有用スキルを見ていきたいと思います。


まずは杖がメイン武器の『メイジ』系統
IMG_0828 (2).PNG

広範囲技が豊富にあり、単体火力というよりはクエストでの雑魚殲滅に力を発揮できる職です。
すべての職に言えることかもしれませんが、火力が高くなった時の範囲攻撃、『メテオクラッシュ』(下記参照)はギルドバトル時脅威となります


・『コンセントレイト』
自身が次に使用する魔法攻撃系アビリティ使用時の威力を15%上昇させる。
序盤は取れるスキルも少なく、火力の底上げには有用です。
ですが終盤、取れるスキルも多くなってくるころには、他のスキルを使ったほうが有用でしょう。


・『フォトンスパイク』
敵一体に威力120の魔法攻撃
・『フォトンクラッシュ』
敵一体に威力130の魔法攻撃
メイン火力スキルとして使用します。ランサー、アーチャーには火力、速度では及びませんが単体火力としてはまずまず



・『マインドクラッシュ』
敵一体を中心として上下一体ずつに威力100の魔法攻撃
追加効果:攻撃対象に10%の確率で混乱を20秒間付与
コンボ効果:「コンセントレイト」使用後、次に使用した場合攻撃対象に25%の確率で混乱を20秒間付与
クエスト時に格下相手に有用。
またギルドバトル時においてほかの範囲火力と合わせることにより、相手を一掃できる可能性があります



・『メテオクラッシュ』
敵一体に威力50の魔法攻撃(確率で3~6回、低確率でミス)
クールタイムが25秒あり、あまり乱発できないスキル、しかしその火力は目を見張るものがある
上記の「フォトン」系を回したほうがダメージが高くなる可能性があるので、使うのに悩むスキルではある
しかしギルドバトル時において相手を一撃で落とす可能性があるので有用。



メインスキルに「フォトン」系2種を据え、そこにあと二つを組み合わせましょう
他に入れるスキルとしては魔法攻撃力を生かして「リカバー」「キュア」「グレーターヒーリング」「リザレクション」でクレリックの回復補助に回る。
または高い魔法攻撃力を生かして、『メテオクラッシュ』で単体殲滅、『マインドクラッシュ』で範囲殲滅なども有用

「バランシング」「光の浄化」「リフレッシュ」系も有用だが、できれば他の職に任せたいところではある
折角の魔法攻撃力を生かしたい。






本をメイン武器にする『クレリック』系
IMG_0829 (2).PNG

回復職はこのゲームではなくてはならない職業
その回復力の高さを生かしてパーティーを支える生命線
強敵戦ではクレリックの有無がかなり重要、むしろ居ないと上級クエストクリアは不可能に近いと思われる

攻撃は格下のクエストに行くとき以外は他職に任せ、回復に専念しましょう


・『ヒール』
味方一体のHPを回復力40で回復する
あまり威力の高い回復ではなく、状態異常も解除できないが、クールタイムが「5秒」と異常に短い。
クエストでは使う機会はあまりないですが、ギルドバトルなどではかなり有用。
リカバーとのクール2秒差が勝敗を分ける場合もある


・『リカバー』
味方一体のHPを回復力60で回復する
追加効果:状態異常を回復する
・『キュア』
味方一体のHPを回復力80で回復する
追加効果:状態異常も回復する
クエスト、ギルドバトルどちらでも有用
回復力の高さもさることながら、同時に状態異常を回復できる能力が魅力
一見キュアひとつですべて間に合いそうな感じがするが効果が高いほどクールタイムが長いのがネック
回復力が高いならばクールタイムが短いリカバーを選択するのもありです


・『レンジヒール』
味方一体を中心として上下一体ずつのHPを回復力30で回復する
・『グレーターヒーリング』
味方一体を中心として上下一体ずつのHPを回復力50で回復する
・『リザレクション』
味方一体を中心として上下一体ずつのHPを回復力70で回復する

範囲回復技、その効果はボス戦では必須クラスと言ってもいい技です
こちらも一見リザレクションを持っているだけで全て補えそうですが、クールタイムが最大のネック
リザレクションは25秒もかかるのでここぞというときにしか使えない
しかし回復が発動するまでのスピードがリザレクションはかなり速いので緊急回復としてかなり有用

反面、回復力は落ちるが15秒で使いまわせるレンジヒールが有用な場合も多々あります
その中間にグレーターヒールがある感じです。
すべての範囲回復は一長一短であり、どの回復も有用です。
すべての回復技を使い切ってしまい、クールタイムが残っている場合、ユニゾンアタックでクールタイムを開ける技も有用。



・『レンジリフレッシュ』
味方一体を中心として上下一体ずつの状態異常を回復する
・『オールリフレッシュ』
味方全体の状態異常を回復する

リフレッシュもありますが、単体状態異常回復はリカバー、キュアで間に合います
リカバー、キュアはメイジ、アーチャーが使うと喜ばれる場合があります

範囲状態異常回復をランサーなどが持っていると、クレリックが回復に集中できるため、クレリック以外の職が持っていると喜ばれる場合があります。
状態異常で全滅する可能性も多々あるので、「麻痺や混乱など致命的な範囲状態異常を使ってくる強敵がいる」場合など、敵によって使い分けていくといいでしょう



・『光の浄化』
味方全体のデバフ効果を取り除く
敵がこちらにステータスダウンのデバフをかけてきたときに解除する技です
自キャラに剣のマークで「↓4」などの効果がついている時は40%も物理攻撃が下がっています
そういう場合に使います

こちらも状態異常と同じように敵によって使い分けていきます。
ランサーやアーチャーが積んでいると喜ばれる場合があります。その分他職は回復に専念できるからです



・『ジャッジメント』
敵一体を中心として上下一体ずつを対象に威力70の魔法攻撃(確率で1~3回)
追加効果:攻撃対象に20%の確率でユニゾン禁止を20秒間付与

クレリックは攻撃には基本的に参加しませんが、ギルドバトル時において、「ユニゾン禁止」の状態異常を発動できれば戦況が変わる場合があります。
メインに据える技ではありませんが、余裕があるときや相手がユニゾンを使ってくるだろうなという場合は打っておくと効果的な場合があります



メインスキルとしてすべて回復技を積みましょう
クエスト攻略時は「リカバー」「キュア」「レンジヒール」「グレーターヒーリング」「リザレクション」の中から4つ
敵や味方の技によってそのうちの一つを抜き「オールリフレッシュ」を入れる場合などもありますが、基本的に全て回復技がいいでしょう。

ギルドバトル時はすべて回復技を入れても、回復する間もなく味方が倒れる場合が多いため、回復技は2つ3つに抑え、応援やジャッジメントで棒立ちすることなく立ち回ることができます。






難関クエストに挑むとき、クレリック以外のすべての職に言えますがメイン火力以外に
「単体回復」(リカバー、キュア)
「範囲回復」(レンジ、グレーター、リザレクション)
「範囲状態異常回復」(オールリフレッシュ、レンジリフレッシュ)
「バフ解除」(バランシング)
「デバフ解除」(光の浄化)
などを上手に組み合わせることで、難しいクエストもクリアできるものとなるでしょう


またギルドバトルにおいてはギルド全体で相談することにより『応援』のスキルでユニゾンゲージを貯めることもかなり有用だと思います。
ギルドバトルでの勝利の鍵はアクティブな人数もさることながら、ユニゾンで決する場合が多いからです。


最終的には全職全てのスキルを取ることになると思います。
有用なスキルを取り終わった後は各職グロースリング最下段のパッシブスキルを取っていきましょう
他職になっている時も、効果を発揮してステータスが高くなります。





では今日はこの辺りで








ブログランキングというに参加しています
よければぽちっと応援してもらえるとうれしいです!

人気ブログランキングへ
posted by ぱぴよん at 15:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月10日

ユニゾンリーグ攻略日記

IMG_0818.PNG

今日はユニゾンリーグについて話したいと思います


ユニゾンリーグでは全ての職のスキル、全ての職の装備を縛りなく好きに装備できます。
そこで迷うであろう『スキル』について、各職お勧めのスキルを紹介していこうと思います。


こういう事にはあまり触れられている攻略記事がなかったので、それなら自分で作ってしまおうというわけです。


ちなみに筆者は、クレリックとアーチャーしか経験がないので、それ以外の職は見ていて上手だなと思える方のスキル構成を真似させていただく感じです。






まずは剣を主装備とする『ソルジャー系統』
IMG_0826 (2).PNG

ソルジャー系統の特色としてHP、防御が高くなりすます


一番初め、正直に言いますとメイン職業としてはあまりお勧めではありません
他のゲームで言う所の『タンク』『盾職』に当たる職業なのですが、現在のユニゾンリーグのシステム上、守るより攻める方が有効なので、火力があまり出せないソルジャーは敬遠されがちです。


ですがスキルには有用な物がありますので紹介しようと思います


・『ゴッドブレス』
自身の最大HPを90秒間60%増加
死ににくなることは勿論、増加分をHP回復として使えるので、物理攻撃職の回復手段として有用です。
ですが、先に言いました通り『攻める方が有用』なシステム上、自身を守ることばかりに注力していると、パーティープレイとしての輪を乱す恐れもありますので、過度な使用は控えた方がいいでしょう






槍を主装備とする『ランサー』系統
IMG_0827 (2).PNG

単発火力が高く、他の職よりも一手早い攻撃速度が特色です。
やられる前にやるという感じの火力職
またギルドバトルではメイジ系統に与えるダメージ増加の効果により、メイジキラーになります。


お勧めスキル
・『ペネトレイト』
敵一体に140の物理攻撃、追加効果としてブレイク値ボーナス

・『サベッジペネトレイト』
敵一体に150の物理攻撃、追加効果としてブレイク値ボーナス

メインスキルはこの二つになります。
パーティープレイ時において敵をブレイクさせると、敵の防御力を低下させることになるので、結果として全体のDPSが上がります。特にHPの多いボス戦では有用です。



・『竜騎士の閃撃』
敵一体に190の物理攻撃
ゲーム中、最大の火力を誇る技
クエスト時は上記のペネトレイトの方が有用なのですが、ギルドバトル時において一撃で相手を倒せる可能性があるのでブレイクさせるよりも有用な場合があります。クエストにおいても格下相手には有用


基本はペネトレイト二種をメインに使い、そこに自身が有用だと思えるスキルを組み合わせましょう。
弓職で覚えられる『バランシング』(下記参照)や
僧侶職で覚えられる『光の浄化』『レンジリフレッシュ』『オールリフレッシュ』(次回参照)
上記で説明した『ゴッドブレス』などを組み合わせるといい感じになります







弓を主装備とする『アーチャー』系統
IMG_0825 (2).PNG

単発火力が高く、ランサーには及びませんが攻撃速度もそれなりの速さ
特色としてはランサーを上回る単発火力と言えるでしょう。
また『VSランサー』のスキルにより、ギルドバトル時ランサーキラーになりえます


・『ハンティング』
自身が次に使用するアビリティの敵視値を一定値低下する、追加効果として10秒間15%の確率で魔法攻撃ダメージを0にする
他のスキルと組み合わせることによって、火力を補える技として使用します。



・『ハイサークルスナイプ』
敵一体に威力70の物理攻撃を2回、魔法攻撃を2回(確率でミス)
コンボ効果:「ハンティング」使用後、次に使用した場合威力90

・『リーサルストライク』
敵一体に威力60の物理攻撃3回、魔法攻撃3回(確率でミス)
コンボ効果:「ハンティング」使用後、次に使用した場合威力80

アーチャーのメイン火力スキルになります。
上記で説明した「ハンティング」と組み合わせることにより威力が上がります
現在ゲーム中最高のDPSを叩き出す可能性がある技


・『バランシング』敵全体のバフ効果を取り除く
効果は単純ですが、強敵戦でその力を発揮します。
イベントで難易度が高くなるにつれ、敵が使用するバフスキルが脅威になりますので、バフの除去に有用
寧ろこれを積んでいかないと、一撃で即死する可能性があるほど、敵のバフは脅威です。
全職で有用なスキル


アーチャーは魔法攻撃と物理攻撃どちらも使いますので、魔法攻撃に威力が依存する『リカバー』『キュア』『グレーターヒーリング』『リザレクション』も有用です(次回参照)


メインスキルに『ハイサークルスナイプ』『リーサルストライク』
あと二つの枠に『ハンティング』『バランシング』『光の浄化』『レンジリフレッシュ』『オールリフレッシュ』『リカバー』『キュア』『グレーターヒーリング』『リザレクション』を組み合わせるといいでしょう

選択肢が多いですが、そこがアーチャーの楽しい所なのかもしれません。
火力を発揮しながら、場所に合わせ多彩な技で対応する職と言えるでしょう




今回物理職のお勧めスキルを見てみました。
次回は魔法職を見ていきたいと思います

では今日はこの辺りでしーゆー





ブログランキングというのに参加しています
よければぽちっと応援していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ
posted by ぱぴよん at 18:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。